HOME > 会社概要 > リハブインテリアズとは

リハブインテリアズとは

会社名「リハブインテリアズ」の意味

リハビリテーションRehabilitation)を、日本では「リハビリ」「リハ」と呼びますが、正しい略式はリハブ(Rehab)となります。
辞書を引けば、リハビリテーションには社会復帰、修復、回復、更正、改装などの意味があり、Rehabilitationという語はRe-(再び)とラテン語の形容詞であるHabilis(適した)と-Ation(~にすること)からなっているのです。すなわち、「再び適した状態にすること」を意味しています。

一方、インテリアInterior)は、内装、室内装飾(品)、インテリアデザインという意味で一般的に使われています。
語源的には「~の内にある、~の内側の」ということで、人や場所の内側にあるもの、と理解することができます。

インテリアには、癒しや安らぎ、明日への活力や元気を与えるなど、人々の心へよい影響を及ぼす力があります。しかし、私がいままで様々な職種から携わってきた病院や福祉施設、住宅などは、その力を発揮すべく建設されたにもかかわらず、活かしきれず今日に至ってしまったケースが多く見られ、そのたびに心を痛めてきました。

そこで私は、空間・インテリアが本来持っていた力を回復させたい(再び適した状態にしたい)、その力を発揮し、さらに良くしていく知恵(建物の使い方)を皆様へ伝えたい、そのような思いから、これまでの自分の経験を活かすことで、社会に貢献したいと考えたのです。

リハブインテリアズRehab Interiors)とは、「インテリアリハビリテーションする」という意味です。
ここでインテリアとは、インテリアデザインと、人の内側にあるもの=心、の二つを意味します。だからInteriors(複数形)なのです。

Rehabilitating the interior of a place
(場所としての)インテリアリハビリテーション
Rehabilitation of people’s minds through interior
インテリアを通じた人々の心のリハビリテーション

この二つの思いを込めて、会社名を リハブインテリアズ(Rehab Interiors)といたしました。

ページトップに戻る

Unique Sales Proposition(他社にはない独自の強み)

スタッフを対象にしたインテリアセミナーの開催
  • 新築施設の美しいデザインを活かす、既存施設を大人のための空間として蘇らせる、環境づくりのノウハウを指導。
  • 環境を味方につけたケアを実践できるスタッフの育成
理学療法士としての経験
  • 高齢者の身体機能についての理解
  • 高齢者施設での勤務経験→スタッフの仕事内容に関する理解と共感
  • 図面段階でのアドバイス
インテリアコーディネーターとしての実績
  • 熊本県内外の医療福祉施設におけるデザイン提案の豊富な経験
高齢者向け北欧福祉家具会社における勤務経験
  • 高齢者のための椅子、テーブルに関する知識(よい椅子が寝たきりを防ぎ、QOLを向上させる。)
  • 北欧高齢者施設視察経験
  • 国内高齢者施設視察経験
ローコスト・機能性・美しさ
  • 建築コストを抑えながら、他施設と差別化されたデザインの提案
  • シンプルで、色彩豊かな、北欧スタイルのインテリア

ページトップに戻る

会社概要
株式会社リハブインテリアズ

〒862-0963
熊本県熊本市南区出仲間 8-5-33-301

Tel / Fax: 096(227)8540
Mail: info@rehab-interiors.com

※お気軽にお問合せください。